アストロクリップ

気になるニュースや話題を取り上げ、登場人物の性格や生い立ちを心理占星術等で独自に分析します。

*

ドラマ アルジャーノンに花束を 山下智久版はユースケ版を超える?

      2015/04/11

tv-576470_640

4/10(金)22:00からTBSで始まるドラマ「アルジャーノンに花束を」は、
原作:ダニエル・キイスの小説を脚本監修:野島伸司、主演:山下智久、栗山千秋
というキャストでドラマ化したものです。

スポンサーリンク

 
この小説は、2002年にも脚本:岡田惠和、主演:ユースケ・サンタマリア、管野美穂
で一度ドラマ化されています。 

ユースケ版は原作とは設定が大きく異なり、ストーリーもかなりアレンジ
されていましたが、原作を読んだ後に見ても、とても良い出来だと感じました。

 当時ドラマのユースケ・サンタマリアに感情移入して見ていた人は
「ドラマのユースケはあんなにいいのに、
バラエティでバカをやってるユースケを見るとガッカリする」と、
そのギャップに対する感想がとても面白かったです。  

ユースケ自身もドラマにかなり思い入れがあったようで、
ドラマの出来に満足していたようです。

 
またTBSの金曜10時の枠と言えば、野島3部作と言われる
「高校教師」「人間失格」「未成年」が衝撃的な内容でそれぞれ大ヒットしています。

今回は野島伸司脚本監修ということで、どこまで野島色が出るのか
楽しみでもあります。

 
野島伸司さんと言えば、数々のドラマをヒットさせた名脚本家ですが、
前回、脚本監修したドラマ「明日、ママがいない」は様々な物議を醸し出しました。

スポンサーリンク

 
「高校教師」は3月に再放送されましたが、見逃した人は、
↓で見ることができます。無料期間内で十分見れると思います。
動画配信サービス「dビデオ」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

TBS「アルジャーノンに花束を」あらすじ

 28歳だが、知能は6歳児並みという知的障がい者の白鳥咲人(山下智久)は、少年刑務所に入っていたなど“訳アリ”な若者が集まる花の配送センター「ドリームフラワーサービス」で働いていた。ある日、咲人は同僚の柳川隆一(窪田正孝)と軽トラに乗り、望月遥香(栗山千明)の住むマンションにバラの花束を届けに行く。遥香は配達人の咲人が精神遅滞者であることを知らないため、咲人の対応に驚き、警察を呼ぼうとしてしまう。慌てて駆けつけた柳川が事情を説明し、その場は収まりそうになるのだが、玄関の飾り棚にあるアクセサリースタンドのキラキラ光るイヤリングに惹きつけられた咲人は手を伸ばし、もうひと騒動を起こしてしまう。届け物もろくにできない咲人だったが、純粋で心の優しい彼の夢は、ママが好きになってくれる“お利口さん”になることだった。

公式ページより http://www.tbs.co.jp/algernon2015/ 

ユースケ版ではパン屋さんだった設定が、今回はお花屋さんのようですね。

最近は連続ドラマを全然見ていないのですが、これは面白そうなので、
久々にドラマ観賞してみようと思います。

スポンサーリンク

 
山Pこと山下智久の性格、恋愛観は?英語の発音が凄い!映画が地上波で! 

  関連記事

2015y04m11d_105628068
アルジャーノンに花束を 第1話を見ての感想 山Pの評価は?

公式ページより いよいよ「アルジャーノンに花束を」第1話が放送されました。最初は …

 - ドラマ